細則


   

○当社は、レンタカー貸渡約款(以下、「約款」という。)第39条第1項の細則として、本細則を定めます。また、会員(貸渡契約の申込をしよう 

 とする者と運転者は同一の人物とする。)は本細則の内容を承諾し、これに従うものとします。

 

第1条 貸渡情報の変更(約款第25条)

 1 会員は、貸渡契約締結時の届出事項(氏名、運転免許証番号を含む個人情報)に変更が生じた場合、速やかに当社に対し、当該変更を届け出ま  

  す。

 2 会員は、前項の届け出がなく、当社が会員と連絡がとれない事態が生じた場合、貸渡自動車(以下、「レンタカー」という。)を直ちに当社に

  返還する義務を負います。会員は、前記の場合、当社がレンタカーを引き上げることに予め同意します。

 

第2条 貸渡料金の支払い方法(約款第6条)

 1 貸渡料金は、原則として、前納制とします。

 2 貸渡料金の支払方法は、①現金による支払い、または、②銀行振込みのいずれかによるものとし、銀行振込みの場合、振込手数料は会員が負担します。

 

第3条 借受時間の変更(延長)(約款第3条第1項)

 1 会員は、借受時間を延長しようとするときは、①予め当社に連絡し当社の承諾を受け、かつ、②延長した借受時間に対応する貸渡料金を下記期 

  限までに前納するものとします。

 (1)延長日(当初の借受時間満了日)が平日である場合、延長日当日の営業時間内

 (2)延長日が土曜日、日曜日、祝祭日である場合、その前平日の営業時間内

 2 会員は、前項の期限までに貸渡料金を支払わない場合、レンタカーを直ちに当社に返還する義務を負います。会員は、前記の場合、当社がレン 

  タカーを引き上げることに予め同意します。

 

第4条 レンタカーの点検整備(約款第12条第1項、第2項)

 1 会員は、毎日レンタカー使用前に日常点検整備(道路交通法第47条の2)を実施のうえ、冷却水、エンジンオイルの補充、タイヤの空気圧の 

  調整等、必要な整備をするものとします。

 2 会員は、貸渡時間中の定期点検整備は当社において実施することを了承し、法令で定められた期間内に、レンタカーを当社の指定する工場に入 

  庫するものとします。

第5条 レンタカーの返還、引上げ(約款第21条、第22条)

 1(1)会員は、燃料が満タンの状態でレンタカーを返却します。

   (2)返却時に燃料が満タンでない場合、会員が運転した走行距離から算出したガソリン未補充分想定容量(L)相場価格を乗じたものをガソリン

      料金として精算するものとします

 2(1)会員は、レンタカー返却時にレンタカーに通常洗車で落とせない付着物、臭気等(貸渡時になかったもの)がある場合、清掃料を負担するものとします。

  (2)会員は、レンタカーにペットを乗車させたことによる付着物、臭気等の清掃料を負担するものとします。

 3 会員は、レンタカー返却時までにレンタカーの鍵を紛失した場合、鍵の交換のために必要な一切の費用を負担します。

 4 会員は、本細則に基づき当社がレンタカーを引き上げる場合、当該レンタカー内に残置された私物の取扱いは次のとおりとすることに異議を述べません。

 (1)引上げ後3日間は当社において保管しますが、それ以降、引取りがなされない場合、当該私物の所有権を放棄したものとみなし、当社において処分します。

 (2)前号の処分に要した費用は会員の負担とします。

第6条 事故、盗難時の措置(約款第26条、第27条)

 1 会員は、使用中にレンタカーに係る事故(衝突事故、接触事故等)や盗難が発生したときは、直ちに警察に報告するとともに、同時に当社貸渡

  営業所先にも報告するものとします。

 2(1)会員は、道路交通法違反(違法駐車、スピード違反等)を犯した場合、速やかに法令上の義務を履行します。

   (2)会員は、違法駐車により①レンタカーに確認標章(ステッカー)が取付けられた場合、②警察から当社に連絡があった場合、速やかに警察

    に出頭します。

  3 会員は、約款第36条(個人情報の利用の同意)の規定に関わらず、当社が警察から照会を受けた場合、当社が、会員の個人情報の開示を含

   め、警察に協力することに予め同意します。

第7条 保険等(約款第33条第1項)

 1 対物補償(損害保険)

 会員は、レンタカー使用中の事故に対し損害保険契約による対物補償制度を適用する場合、速やかに当社に対し、対物免責額及び保険会社への振込手数料(実費)を納めるものとします。

 2 車両保険

 (1)会員の過失によりレンタカーが破損した場合、会員は、3日以内に、当社に対し、修理代を納めるものとします。

 (2)①会員は、レンタカーの破損に対し車両保険を適用する場合、速やかに、当社に対し、車両免責額を納めるものとします。

 ②会員は、車両保険適用に際しては、過失によらない事故(当て逃げ、飛び石等)、会員の認識しない事故による破損の場合でも、前記車両

  免責額の納付が必要となることを、予め了承します。

 ③会員は、以下の場合は車両保険の適用対象外であることを、予め了承します。

  ア レンタカーの鍵の紛失によるシリンダー交換

  イ 会員の過失によるエンジン・クラッチ等の損傷

  ウ スイッチ押し忘れ、積載禁止物の積載等による車両故障

  エ 日常点検整備(冷却水の量、エンジンオイルの量、タイヤの空気圧等、道路運送車両法第47条の2)を怠ることによるエンジン損傷等

  オ レンタカーの異常又は故障発見時に、直ちに運転を中止し当社に連絡する義務を怠ったことによる車両故障

 3 休車両補償制度

 (1)会員は、レンタカー使用中の事故、盗難、会員の過失によるレンタカーの故障、汚損等により、レンタカーの修理・清掃等の必要が生じ当社がそのレンタカーを使用できなくなる場合、速やかに、当社に対し、その使用できない期間の営業補償(休業補償料)として当社が定める金額を納めるものとします。

 (2)会員が、予め休車両補償制度に加入している場合、上記使用できない期間に拘らず、会員は、当社に対し、当社が定める金額を納めるものとします。

 4 ロードサービス

 会員は、事故等によりレンタカーが自走不能になった場合、当社が契約しているロードサービスを利用することを、予め了承します。なお、保険適用範囲外での搬送は自己負担とします。

 5 会員は、任意保険は免責額が納付された後に適用されることを、予め了承します。

以上